Monday, December 3, 2018

DO YOU STILL BELIEVE IN THE FREQUENCY POWER NOW ? -25th ANNIVERSARY PARTY-

ExT Recordings PRESENTS
DO YOU STILL BELIEVE IN THE FREQUENCY POWER NOW ?
-25th ANNIVERSARY PARTY-
2018.12.23 (SUN) OPEN/START 23:59
@ UNIT (DAIKANYAMA)
ADV ¥4500 DOOR ¥5000
ADVチケット11月23日10時より発売開始

LIVE
KEN INAOKA (ex SYZYGY)
KING OF OPUS
SUZUKISKI
Sigh Society (ex INTERFERON)
CHERRYBOY FUNCTION

DJ
KEN ISHII
MOODMAN
DJ SHUFFLEMASTER
KAZUNAO NAGATA

VJ
DAISUKE UKISHITA


1993年、日本のテクノシーンは大きな変革期を迎えていた。国内のシーンに属していなかった、KEN ISHIISUSUMU YOKOTAが、海外の大手テクノレーベルR&SHARTHOUSEなどから作品をリリースし、日本のテクノアーティストが世界的に注目を集めはじめていた。それに続き、福岡に誕生した日本のテクノレーベルの先駆けとなったSYZYGY RECORDSが、福岡と東京のテクノシーンのアーティストを集めた、BELIEVE IN THE FREQUENCY POWERというコンピレーションアルバムをリリースする。そのアルバムは瞬く間に話題を呼び、UKのレーベルにライセンスされ、日本を含む全世界でリリースされ、ヒットを記録。新しいテクノシーン誕生の一躍を担った。
そのリリース25周年を記念して、元SYZYGYのレーベルオーナー、DRAWING FUTURE LIFEKEN INAOKAをはじめ、コンピレーション参加者から現在でも活動を続け、2018年には共にニューアルバムをリリースしたKING OF OPUSSigh Society (ex INTERFERON / KIYOSHI HAZEMOTO)、独自の活動を続けるSUZUKISKI、その影響を多大に受けている’00年代代表CHERRYBOY FUNCTIONのライブアクトに加え、DJにはワールドワイドにテクノシーンを代表するテクノゴッドKEN ISHII(日本での初ライブは199310月に行われた、ExT Recordingsの前身に当たるTRANSONIC / TRIGGERのライブイベントだった)、当時同時期に立ち上がったエレクトロニックレーベルDUB RESTAURANT COMMUNICATIONのオーナーでもあったMOODMAN当時は国内より海外での活動をメインにしていたDJ SHUFFLEMASTER、SYZYGYとは密接に活動を共にしていたテクノレーベルTRANSONIC RECORDS、現ExT Recordingsオーナーで、コンピレーションにはORGANIZATION名義で参加していたKAZUNAO NAGATAという、当時でも一同に会す事が無かったメンバーが集結し、一夜限りのANNIVERSARYを祝う。
あなたは今でも、周波数の力を信じていますか?


本公演は20歳未満の方はご入場できません。また入場時に顔写真付身分証明書の提示をお願いしております。

UNIT 東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 ザ・ハウスビル  TEL 03-5459-8630

Tuesday, November 20, 2018

INOYAMALAND [Remaster Edition]

INOYAMALAND
INOYAMALAND [Remaster Edition]
EXT-0029  2018.12.5  RELEASE  2700yen (TAX IN)

  1. BANGLE BANGLE
  2. POOL
  3. 水水
  4. AIU
  5. 火火
  6. 天窓
  7. POLLEN POLLEN
  8. 空域
  9. 硝子玉
10. TABLAGITA
11. KUPU KUPU
12. DOME-MOOD
13. 木霊
14. CALCALA
15. SNOW
16. 笑う蜩
17. TOY TOG (BONUS TRACK)


日本のアンビエント、環境音楽のパイオニア「イノヤマランド」長らく入手困難だった1997年リリースの2ndアルバムが、リマスタリング、ボーナストラックを追加して、待望の再リリース。
このアルバムは世界的に日本のアンビエント、環境音楽の伝説の名盤と称される『DANZINDAN-POJIDON』のリリースより14年後の1997年に、イノヤマランドと並び再評価されている、芦川聡、吉村弘等を擁する環境音楽制作会社SPD(サウンド・プロセス・デザイン)のレーベル、Crescentよりリリースされたイノヤマランドのセカンドアルバムです。ファーストアルバム『DANZINDAN-POJIDON』と同時期に制作されながら収録されなかった楽曲をはじめ、19821997年に制作された楽曲をコンパイルしています。使用楽器がデジタルシンセサイザー、サンプラーに移行している時期で、更に透明感のある美しいアンビエント・サウンドに進化しています。他のアイテムと共に長らく入手困難でしたが、多くのリクエストにより、リマスター、ボーナストラックを追加しての待望のリイシューです。

INOYAMALAND(イノヤマランド)
1977年夏、山下康と井上誠は巻上公一のプロデュースする前衛劇の音楽制作のために出会い、メロトロンとシンセサイザー主体の作品を制作する。この音楽ユニットは山下康によってヒカシューと名付けられた。ヒカシューは同年秋からエレクトロニクスと民族楽器の混在する即興演奏グループとして活動を始めた後、1978年秋からは巻上公一(B,Vo)、海珠正道(G)らが参入、リズムボックスを使ったテクノポップ、エレクトロ・パンクバンドとして1979年にメジャーデビューした。1982年以降、井上はヒカシューの活動と並行して山下と2人のシンセサイザー・ユニット、イノヤマランドを結成する。1983年にYMOの細野晴臣プロデュースによりALFA/YEN RECORDSより1stアルバム『DANZINDAN-POJIDON』をリリース。その後、各地の博覧会、博物館、国際競技場、テーマパーク、大規模商業施設などの環境音楽の制作を行いながら、1997年にCrescentより2ndアルバム『INOYAMALAND』、1998年にはExT Recordingsの前身にあたるテクノレーベルTRANSONIC RECORDSより3rdアルバム『Music for Myxomycetes(変形菌のための音楽)』をリリース。10数年振りとなるライブも行った。近年では1stをはじめとする各アルバムが海外のDJ、コレクターの間で高値で取引され、多数の海外レーベルよりライセンスのオファーが相次ぎ、ポートランドのアンビエントデュオVisible CloaksSpencer Doranをはじめ、カナダのシンガーソングライターMaylee ToddVOGUE JAPANのインタビューでフェイバリットにイノヤマランドを挙げるなど世界的な再評価が高まり、2018年に本格的に活動を再開。グループ結成のきっかけとなった1977年の前衛劇のオリジナル・サウンドトラック『COLLECTING NET』、3rdアルバム『Music for Myxomycetes 』、世界的に再評価されている1stアルバム『DANZINDAN-POJIDON [New Master Edition]』を再リリース。アンビエントフェスのヘッドライナーを務めるなど、ライブ活動も積極的に行っている。

特典ステッカー付取扱店
主要取扱店

Thursday, October 25, 2018

INOYAMALAND CONCERT


INOYAMALAND CONCERT
2018.11.23 (FRI)  OPEN 19:30  START 20:00
@ UPLINK FACTORY http://www.uplink.co.jp
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F TEL: 03-6825-5503 factory@uplink.co.jp
全席指定 ¥3000 w/1d 予約 http://www.uplink.co.jp/event/2018/52581

LIVE
イノヤマランド(井上誠/山下康)

VISUAL
浮舌大輔

SOUND
永田一直

“早すぎた日本のアンビエント”音楽ユニット「イノヤマランド」。今年、国内外での再評価の高まりを受けて1stアルバム『DANZINDAN-POJIDON』、3rdアルバム『Music for Myxomycetes』、そして前衛劇団ユリシーズの77年公演「コレクティング・ネット」のために作られた同名サウンドトラックがリイシューされたことを契機に、イノヤマランドが活動を本格的に再開。今回のアップリンクでのコンサートでは、映画館という環境にあわせて映像作家の浮下大輔が映像を、そしてイノヤマランドのリイシューを手がけたExT Recordingsの永田一直が自らPAオペレーターを担当する。

当日、INOYAMALAND [Remaster Edition]を先行発売します。

INOYAMALAND DANZINDAN-POJIDON [New Master Edition] ANALOG LP

INOYAMALAND
DANZINDAN-POJIDON [New Master Edition] 
ANALOG LP
EXT-1207 2018.10.24 RELEASE 3800yen (TAX IN)

SIDE A
1.SHÜFFER
2.POKALA
3.GLASS CHIME
4.PON
5.WÄSSER
SIDE B
1.MIZUE
2.COLLECTING NET
3.APPLE STAR
4.MEINE REFLEXION
5.831

 1980年代、ニューウェイブとアンビエントのはざ間にはユニークな音楽があったのです。その時期にリリースされた日本の音楽が、今世界で聞かれるようになってきました。イノヤマランドはその中でも希少な音楽として、忘れられることなく今に至ります。今から35年前にリリースに関わったままでしたが、失われた宿題の提出には新鮮な驚きがありました。イノヤマランドという地方の、天気予報を聞いているような、奇妙な心地よさは今も変わりません。
細野晴臣 2018年7月11日



ニューマスターでの再リリースで話題の世界的に再評価が高まっている日本のアンビエント、環境音楽の伝説の名盤が待望のアナログリリース!
日本のアンビエントの先駆者『イノヤマランド』1983年リリースの1stアルバム『DANZINDAN-POJIDON』(ダンジンダン・ポジドン)は、現在の再評価以前から、その洗練されたアンビエント・サウンドが世界的に見ても先見性、完成度からして長らく伝説化していました。リリースから35年経った2018年、オリジナルマルチトラックテープをデジタル化、エンジニアリングをROVODUB SQUADのメンバーで、砂原良徳のアルバム『liminal』のミックスなどで知られる益子樹(イノヤマランドの山下康の親戚でもある)に依頼し、当時の雰囲気を極力再現した精巧なミックスダウンを施し、リマスタリングした非常に鮮明で透明感溢れるニューマスター音源を制作、正式に再リリースします。
オリジナル盤はプレス枚数がLPCD共に僅少。現在非常に入手困難であり国内外で中古盤の値段が高騰を続ける本作。当時の帯も出来る限り復刻し、新たな形でリイシューです。


INOYAMALAND(イノヤマランド)
1977年夏、山下康と井上誠は巻上公一のプロデュースする前衛劇の音楽制作のために出会い、メロトロンとシンセサイザー主体の作品を制作する。この音楽ユニットは山下康によってヒカシューと名付けられた。ヒカシューは同年秋からエレクトロニクスと民族楽器の混在する即興演奏グループとして活動を始めた後、1978年秋からは巻上公一(B,Vo)、海珠正道(G)らが参入、リズムボックスを使ったテクノポップ、エレクトロ・パンクバンドとして1979年にメジャーデビューした。1982年以降、井上はヒカシューの活動と並行して山下と2人のシンセサイザー・ユニット、イノヤマランドを結成する。1983年にYMOの細野晴臣プロデュースによりALFA/YEN RECORDSより1stアルバム『DANZINDAN-POJIDON』をリリース。その後、各地の博覧会、博物館、国際競技場、テーマパーク、大規模商業施設などの環境音楽の制作を行いながら、1997年にCrescentより2ndアルバム『INOYAMALAND』、1998年にはExT Recordingsの前身にあたるテクノレーベルTRANSONIC RECORDSより3rdアルバム『Music for Myxomycetes(変形菌のための音楽)』をリリース。10数年振りとなるライブも行った。近年では1stをはじめとする各アルバムが海外のDJ、コレクターの間で高値で取引され、多数の海外レーベルよりライセンスのオファーが相次ぎ、ポートランドのアンビエントデュオVisible CloaksSpencer Doranをはじめ、カナダのシンガーソングライターMaylee ToddVOGUE JAPANのインタビューでフェイバリットにイノヤマランドを挙げるなど世界的な再評価が高まり、2018年に本格的に活動を再開。グループ結成のきっかけとなった1977年の前衛劇のオリジナル・サウンドトラック『COLLECTING NET』、3rdアルバムのリイシュー『Music for Myxomycetes 』をリリース。ライブ活動も積極的に行っている。

主要取扱店

Monday, September 10, 2018

KING OF OPUS 4th ALBUM

KING OF OPUS
KING OF OPUS (4th ALBUM)
EXT-0028 2018.10.3 RELEASE 2315yen+TAX

  1. onjuku
  2. 砂漠
  3. I still love you feat. chisha 
  4. everyday feat. HIDENKA
  5. EXOKOSs
  6. 春の芽 feat. chisha 
  7. 真夏の洞窟
  8. please save me feat. chisha
  9. 森の中
10. 太陽フレア
11. love cycle feat. YARMA
12. happy time
13. macha macha feat. chisha
14. How are you feat. chisha
15. the last song
16. I still love you [TALKBOX VERSION] feat. 鶴岡龍


エレクトロ・エキゾ・ダブの帝王、KING OF OPUS、4年振りの4thアルバム。ゲストに鶴岡龍、HIDENKA、YARMA等を迎え、VOCAL、RAP、生音を大胆にフィーチャーした、新たな驚きと集大成となるアルバムが完成!
前作「MICRO DUB chapter1」から4年、着実に進化し続けるKING OF OPUS、通算4枚目のアルバムは、ゲストミュージシャンに、鶴岡龍 (TALK BOX)、HIDENKA (MC / BLACK SMORKER etc)、YARMA (MC / DIXIONAREEDS)、こまどり社員 (FLUTE)、chisha (VOCAL)を迎え、アルバムの半分が日本語詩のボーカル、ラップ入りのトラックが占め、エキゾ・ダブはより深く、`90sハウスフレーバーなボーカルトラック(鶴岡龍によるTALKBOX VERSIONも収録)、HIDENKAのMCをフィーチャーしたエレクトロ・ダブ・チューン、YARMAのMCによるレゲエ・チューン、自身がプレイするギター、ゲストによる管楽器、ターンテーブルによるアブストラクト・トラックなど、新しくも1stアルバムの延長線にもあり、KING OF OPUSというユニット名を冠したアルバムタイトルを表すような、これまでの集大成となるアルバムが完成。印象的なアートワークは世界的に活動しているアートユニットHAMADARAKAが担当し、アルバムの世界観を拡げている。


KING OF OPUS(キング・オブ・オーパス)
1992年、冨沢仲を中心に結成。
レゲエやヒップホップのマナーを感じさせつつ、下北沢の伝説のクラブZOO(後のSLITS)で鳴らされていた音を体現するかのような、ノン・ジャンル(≠オール・ジャンル)でオリジナルなサウンドを展開。1995年、国内テクノ・レーベルのTRANSONICより1stアルバム「CIRCUMSTANCES VICTIMIZATION」をリリース。国内外問わず世界初のエキゾとダブを融合させたアルバムとして高評価を得る。その先鋭性はいまだにアンダーグラウンドの都市伝説とも言われる。その後の活動休止期間中は冨沢のソロ活動、ジャマイカプレスの7インチオンリーのインストダブレーベルREPRODUCTION OUTERNATIONALを設立、mumbling dub/mumble manのリリースなどをメインにしていたが、2007年avex traxよりTSUTCHIE (SHAKKAZOMBIE)、脱線3のロボ宙、Dry&Heavyの井上青、横浜PPPのLatin Quarter、スマーフ男組のマジアレ太カヒRAWなど多彩なゲストを迎え制作された2ndアルバム「LAST」をリリース。RAWLIFE、スペースサファリ(小山田圭吾、青葉市子、ユザーンなどが出演)などのアンダーグラウンドフェス、都内、地元群馬でのライブ活動も盛んに行う。2011年には1stアルバム「CIRCUMSTANCES VICTIMIZATION」をiTunes Storeにて再リリース。2014年、3rdアルバム「MICRO DUB chapter1」をDÉ DÉ MOUSEやCHERRYBOY FUNCTIONのリリースで知られるExT RecordingsからCD、アナログでリリース。日本全国でのライブも増えていく。2018年10月、4thアルバム「KING OF OPUS」リリース。ゲストボーカル、MC、ミュージシャンに、鶴岡龍、HIDENKA、YARMA、こまどり社員、chishaを迎え、アルバムの半分が日本語詩のボーカル、ラップ入りのトラックが占めている新しくも集大成となるアルバムとなった。KASHIF、BTB特効、PAISLEY PARKS等を擁する横浜のPPPや、関西のneco眠るをはじめとする00-10年代アーティスト達にもリスペクトされ、現役で活動し続ける日本ダブシーンのレジェンドである。


主要取扱店
TOWER HMV iTunesStore

Sound Inn "EX" KING OF OPUS RELEASE PARTY

Sound Inn "EX"
KING OF OPUS RELEASE PARTY

2018年9月17日(月祝)OPEN/START 15:00 CLOSE 22:00

@ OPPA-LA(片瀬江ノ島)http://oppala.exblog.jp/
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-17 江ノ島ビュータワー4F  TEL 0466-54-5625
CHARGE: ¥2800

LIVE
KING OF OPUS feat. HIDENKA, YARMA, chisha, こまどり社員
鶴岡龍
CHERRYBOY FUNCTION

DJ
L?K?O
LIL MOFO
KAZU
永田一直

SOUND SYSTEM
松本音響

エレクトロ・エキゾ・ダブの帝王、KING OF OPUS4年振りの4thアルバム・リリースパーティー!レコーディングに参加したメンバー、HIDENKA (RAP)、YARMA (RAP)、chisha (VOCAL)、こまどり社員 (FLUTE etc.)フィーチャーした、スペシャルユニットでのライブ、アルバムにも参加したハマのメロウ・トークボクサー鶴岡龍、ExT Recordingsからは看板アーティストCHERRYBOY FUNCTION、DJにL?K?O、LIL MOFO、KAZU (raggae shop NAT)、永田一直を迎えて、夏の終わりの江ノ島をダブ、レゲエ、エレクトロで彩ります。

Tuesday, July 24, 2018

INOYAMALAND DANZINDAN-POJIDON [New Master Edition]


INOYAMALAND
DANZINDAN-POJIDON [New Master Edition]
EXT-0027 2018.8.29 RELEASE 2700yen (TAX IN)

1.SHÜFFER
2.POKALA
3.GLASS CHIME
4.PON
5.WÄSSER
6.MIZUE
7.COLLECTING NET
8.APPLE STAR
9.MEINE REFLEXION
10.831

 1980年代、ニューウェイブとアンビエントのはざ間にはユニークな音楽があったのです。その時期にリリースされた日本の音楽が、今世界で聞かれるようになってきました。イノヤマランドはその中でも希少な音楽として、忘れられることなく今に至ります。今から35年前にリリースに関わったままでしたが、失われた宿題の提出には新鮮な驚きがありました。イノヤマランドという地方の、天気予報を聞いているような、奇妙な心地よさは今も変わりません。
細野晴臣 2018年7月11日


世界的に再評価が高まっている日本のアンビエント、環境音楽の伝説の名盤『INOYAMALAND / DANZINDAN-POJIDON』が、当時のオリジナルマルチトラックテープを新たにデジタルミックスダウンしたリマスタリング音源で待望の再リリース!
日本のアンビエントの先駆者『イノヤマランド』1983年リリースの1stアルバム『DANZINDAN-POJIDON』(ダンジンダン・ポジドン)は、現在の再評価以前から、その洗練されたアンビエント・サウンドが世界的に見ても先見性、完成度からして長らく伝説化していました。リリースから35年経った2018年、オリジナルマルチトラックテープをデジタル化、エンジニアリングをROVOやDUB SQUADのメンバーで、砂原良徳のアルバム『liminal』のミックスなどで知られる益子樹(イノヤマランドの山下康の従甥でもある)に依頼し、当時の雰囲気を極力再現した精巧なミックスダウンを施し、リマスタリングした非常に鮮明で透明感溢れるニューマスター音源を制作、正式に再リリースします。オリジナル盤はプレス枚数がLP、CD共に少なく非常に入手困難であり国内外で中古盤の値段が高騰している為、まさに待望のリイシューです。マニアはもちろん、未体験の音楽ファンも必聴のアンビエント、環境音楽のマスターピースです。


INOYAMALAND(イノヤマランド)
1977年夏、山下康と井上誠は巻上公一のプロデュースする前衛劇の音楽制作のために出会い、メロトロンとシンセサイザー主体の作品を制作する。この音楽ユニットは山下康によってヒカシューと名付けられた。ヒカシューは同年秋からエレクトロニクスと民族楽器の混在する即興演奏グループとして活動を始めた後、1978年秋からは巻上公一(B,Vo)、海珠正道(G)らが参入、リズムボックスを使ったテクノポップ、エレクトロ・パンクバンドとして1979年にメジャーデビューした。1982年以降、井上はヒカシューの活動と並行して山下と2人のシンセサイザー・ユニット、イノヤマランドを結成する。1983年にYMOの細野晴臣プロデュースによりALFA/YEN RECORDSより1stアルバム『DANZINDAN-POJIDON』をリリース。その後、各地の博覧会、博物館、国際競技場、テーマパーク、大規模商業施設などの環境音楽の制作を行いながら、1997年にCrescentより2ndアルバム『INOYAMALAND』、1998年にはExT Recordingsの前身にあたるテクノレーベルTRANSONIC RECORDSより3rdアルバム『Music for Myxomycetes(変形菌のための音楽)』をリリース。10数年振りとなるライブも行った。近年では1stをはじめとする各アルバムが海外のDJ、コレクターの間で高値で取引され、多数の海外レーベルよりライセンスのオファーが相次ぎ、ポートランドのアンビエントデュオVisible CloaksSpencer Doranをはじめ、カナダのシンガーソングライターMaylee ToddVOGUE JAPANのインタビューでフェイバリットにイノヤマランドを挙げるなど世界的な再評価が高まり、2018年に本格的に活動を再開。グループ結成のきっかけとなった1977年の前衛劇のオリジナル・サウンドトラック『COLLECTING NET』、3rdアルバムのリイシュー『Music for Myxomycetes 』をリリース。ライブ活動も積極的に行っている。

特典CD-R "SHÜFFER LIVE 2018" 付取扱店
diskunion LOSAPSON? MECANO Meditations TACO che
主要取扱店